弊社所属アーティスト「覚醒のアドット」について